2011年12月29日の院外活動

2011年12月29日 筆頭和論文

あたらしい眼科

詳細情報

外科的に摘出した眼瞼・眼窩乳児血管腫の2

林 憲吾,嘉鳥信忠,板倉秀記,上田幸典

あたらしい眼科 28:1747-1752, 2011.

コメント

乳児血管腫(いわゆる苺状血管腫)は、出生時から生後6ヶ月頃まで拡大して、1歳頃から縮小し、小学生入学する頃には消失することが一般的です。しかし、眼の周りに生まれつき巨大な乳児血管腫がある場合、弱視になる場合があります。近年、この血管腫に不整脈の治療薬プロプラノロール(β-ブロッカー)が有用であることが報告されています。外科的に摘出することは非常に困難ですが、その2例の術後経過について報告しました。

HOME

HOME