お知らせ

2016年11月04日

院長コラムに国内学会発表(臨床眼科学会 インストラクションコース)を追加しました。

%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%8c%e3%82%93 2016%e3%80%80%e8%87%a8%e5%ba%8a%e7%9c%bc%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%80%e7%9c%bc%e7%9e%bc%e4%b8%8b%e5%9e%82%e3%80%80%e6%9e%97%e3%80%802016-10-24

今年の「眼形成の基本」インストラクションコースでの私が担当させて頂いたのは眼瞼下垂の全般でしたので、眼瞼の解剖や様々な眼瞼下垂の手術の使い分けについて、解説いたしました。

今回は主に3つの術式、挙筋腱膜前転法、挙筋短縮術、前頭筋吊り上げ術について、それぞれの具体的な動画と注意点について説明させて頂きました。

8~9割の症例は、比較的侵襲の少ない術式で対応できますが、やはり1~2割の症例は、挙筋機能が不良で、次の一手(挙筋短縮術あるは前頭筋吊り上げ術)が必要となります。

詳しくは院長コラムをご覧ください。

http://sakuragicho-eye.com/blog/

 

 

一覧ページへ戻る

受付時間表

休診日は水曜、土曜午後、日曜祝祭日です。

午前診療は9:30〜12:30、午後診療は14:30〜17:30からとなります。

休診日: 水曜、土曜午後、日曜祝祭日

院長が手術の時は、副院長か横浜市立大学医師が外来を担当します。

水曜は、他施設で専門外来、手術のため休診です。

アクセス

神奈川県横浜市中区日ノ出町1丁目200番 日ノ出サクアス 2F

手術実績

院長の院外活動コラム

診療予約

採用情報