診察の担当医について、午後は院長が手術のため、基本的に副院長が診察を担当します。

当院の特徴

当院の特徴

眼瞼手術 2,000件以上、 涙道手術 1,500件以上の執刀実績。 常に、一人一人の患者さんに合わせた 最適な医療をご提供できるように努めています。

私は、国立 東京医科歯科大学病院で、強度近視の分野を含めた眼科臨床診療を行ってまいりました。手術は眼形成・涙道を専門とし、聖隷浜松病院 眼形成眼窩外科を経て、大学病院で眼科専門医・指導医として専門の手術を担当してまいりました。これまでの経験をもとに、的確で丁寧な診断、治療および専門の手術を提供し、地域の皆様に貢献したいと思います。

院長 医学博士 林 憲吾

詳しくはこちら

  • 月・火・木・金曜午後、院長が手術の時は、林 和歌子 副院長が外来を担当します。
  • 水曜は院長が横浜市立大学、横浜南共済病院等で眼形成・涙道専門外来・手術のため、休診となります。
  • 入院での手術や全身麻酔での手術が必要な方には、提携病院で手術を担当いたします。

手術実績(2015年)

横浜桜木町眼科(4月~12月)および横浜市立大学、横浜南共済病院、金沢文庫病院等の施設で執刀した手術の合計件数です。

診療内容

  • 一般眼科

    ものもらい、目のかゆみ、ドライアイ、コンタクト処方、白内障など、お気軽にご相談ください。

    詳しくはこちら

  • 緑内障

    40歳以上の20人に1人が緑内障と言われています。
    視野検査で早期発見、早期治療が重要です。

    詳しくはこちら

  • 糖尿病網膜症

    糖尿病を指摘された方は、定期的な眼底検査が必要です。必要に応じてレーザー
    治療も対応します。

    詳しくはこちら

  • 眼瞼疾患

    眼瞼下垂、逆さまつ毛などのまぶたの状態に応じて、適切な眼形成手術を日帰りで行います。

    詳しくはこちら

  • 涙道疾患

    涙目・流涙症について、内視鏡を用いたチューブ挿入や、鼻からの涙道バイパス手術などを日帰りで対応します。

    詳しくはこちら

  • 近視、強度近視

    近視の強い方は、近視性の眼底病変が発生し、さらに進行することがあります。
    精密な眼底検査が重要です。

    詳しくはこちら

受付時間表

休診日は水曜、土曜午後、日曜祝祭日です。

午前診療は9:30〜12:30、午後診療は14:30〜17:30からとなります。

休診日: 水曜、土曜午後、日曜祝祭日

院長が手術の時は、
副院長が外来を担当します。

水曜は、他施設で専門外来、手術のため休診です。

アクセス

神奈川県横浜市中区日ノ出町1丁目200番 日ノ出サクアス 2F

手術実績

院長の院外活動コラム

診療予約

採用情報