執筆著書

執筆著書をご紹介します。

3 / 512345

2014年10月25日 執筆著書

超アトラス 眼瞼手術 ―眼科・形成外科の考えるポイント-

詳細情報

下眼瞼の睫毛内反:若年者における埋没法  p64~71

眼瞼下垂:若年者に対する人工素材による吊り上げ術 p179~187

林 憲吾

コメント

  1. ①先天性の睫毛内反に対する埋没法について解説しています。軽度の内反症には埋没法でも長期的に再発はなく、良好な経過の症例もありますが、中等度以上の内反症には、埋没法では再発することが多いこと説明しています。
  2. ②先天性の重度の眼瞼下垂に対する人工素材を使用した前頭筋吊り上げ術について解説しています。糸により一時的な吊り上げ、ゴアテックスシートあるいはシリコンバンドを使用した永続的な吊り上げについて紹介しています。

2014年08月25日 執筆著書

TNM 悪性腫瘍分類 カラーアトラス

詳細情報

第7編 眼の腫瘍原発部位

56章 眼瞼、付属器、結膜 p672~681

59章 眼窩肉腫、リンパ腫、涙腺癌  p704~717

林 憲吾

コメント

全身の悪性腫瘍の進行分類を解説した英文医学書を和訳した本です。私は、眼瞼や結膜、眼窩に原発する悪性腫瘍の進行分類の和訳を担当しました。具体的な疾患名として、眼瞼の基底細胞癌や眼窩の悪性リンパ腫などを解説しています。

 

2014年01月25日 執筆著書

眼手術学  総論・眼窩

詳細情報

眼窩腫瘍摘出:術後合併症とその対策 p346~350

林 憲吾・嘉鳥信忠

コメント

眼窩腫瘍の中でも、眼球よりさらに奥の部位に腫瘍がある場合、難易度の高い手術となります。多くの神経や血管、脂肪を分けながら慎重に進む必要があります。出血や神経障害など様々な合併症が起こる可能性がありますが、その予防や対策について解説しています。

 

2013年12月25日 執筆著書

あたらしい眼科  13’臨時増刊号  流涙症Q&A 

詳細情報

涙道の先天異常について p66~69

 憲吾

コメント

主に小児の先天性の涙道異常について解説しています。小児の涙道閉塞で最も多いのは、先天鼻涙管閉塞ですが、中顔面の成長と伴に自然開通が多く、生後12ヶ月まで自然治癒を待つことが多いですが、稀に顔面奇形に伴って涙道が欠損している、あるいは骨性閉塞している場合があります。そのような場合は、生後12ヶ月まで待つのではなく、早期にCT検査などが必要となります。

2013年12月12日 執筆著書

眼科ケア 2013年 冬季増刊

詳細情報

目の解剖と病気  

眼瞼下垂症 p53~57

林 憲吾

コメント

眼瞼の解剖と眼瞼下垂の原因や分類、各手術方法について解説しています。特に先天性の眼瞼下垂に対する前頭筋吊り上げ術について、吊り上げ素材別に術式や特徴について説明しています。両側手術の場合、開閉瞼は両側とも眉毛部の動きに連動するため、整容的にも左右差が少なくバランスが良好な症例が多いですが、片側手術の場合は、片側の眉毛挙上が必要であり、術後に開瞼幅の左右差、患側の閉瞼の遅れや速い瞬目時の閉瞼不全が生じます。術後に眉毛部を上手に動かすトレーニングが必要で、小児の場合、家族の協力が不可欠です。

2013年06月26日 執筆著書

眼科疾患 最新の治療 2013-2015 

詳細情報

眼瞼腫瘍 

悪性腫瘍 (基底細胞癌/ 扁平上皮癌/ 脂腺癌/ 悪性黒色腫)p81~83

林 憲吾

コメント

眼瞼の悪性腫瘍のうち、特に多い基底細胞癌と脂腺癌について解説しています。さらに、扁平上皮癌や結膜の悪性黒色腫についても解説しています。それぞれ、治療方針と予後が異なりますので、正確な診断と適切な治療が必要です。

 

3 / 512345

HOME

HOME