執筆著書

執筆著書をご紹介します。

5 / 512345

2012年01月27日 執筆著書

専門医のための眼科診療クオリファイ  眼付属器疾患とその病理

詳細情報

眼窩腫瘍の診断 p250~254

林 憲吾・嘉鳥信忠

コメント

眼球の周りの腫瘍(眼窩腫瘍)を疑う所見として、まぶたが腫れる(眼瞼腫脹)・目が出てきた(眼球突出)・物がダブって見える(眼球運動障害、複視)などがあります。そのような場合、CTやMRI等の画像診断に必要となります。画像から良性か悪性か見分けるためのポイントと、手術を含めた治療方針について解説しています。

 

2011年10月27日 執筆著書

緊急度・重症度からみた症状別看護過程・病態関連図

詳細情報

視覚障害 p416~419

林 憲吾

コメント

視力低下や視野異常などの様々な自覚症状から、考えられる疾患を解説しています。

2008年11月27日 執筆著書

続・解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴

詳細情報

病的近視 p98~99

林 憲吾

コメント

近視に伴う眼底変化による自覚症状を解説しています。近視性脈絡膜新生血管からの出血による急な視力低下や中心の視野のゆがみなどを紹介しています。

2006年04月27日 執筆著書

解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴

詳細情報

甲状腺眼症 p89~92

林 憲吾

コメント

  1. 甲状腺の異常による眼の症状(甲状腺眼症)について解説しています。
  2. 上眼瞼後退(うえまぶたが大きく開いた状態)、兎眼(まぶたが閉じれない状態)、眼球運動障害(眼の動きが障害され、物がダブって見える状態)、視神経障害(眼の神経が圧迫され、視力や視野に障害が起きている状態)などがあります。
  3. 甲状腺機能つまり、甲状腺ホルモンの数値が正常でもこのような甲状腺眼症が起こる場合があります(euthyoid Graves' disease/euthyoid ophthalmopathy)。甲状腺に作用する自己抗体を調べる必要があります。

5 / 512345

HOME

HOME